2009年10月28日

ご無沙汰しております

P1000167.jpg板倉です。

ご無沙汰しております。なんだかんだとこのブログが後回しになっておりました。申し訳ありません。

落ち着きはしないものの、現在、1周年を終えて、やらなくてはと思っていたことが、ようやく動き出し、お仕事も2年目で思っていたよりも大きなお仕事をさせて頂き、本当に皆様に感謝している今日この頃です。

Kyoto Current展も無事終わり、現在は、学生映画祭の字幕制作や教育機関の印刷をやらせていただいております。
本日も、全国の大学の教職員が集まるフォーラムのリーフレットのデザイン案を三つ持っていき、その場で気に入ってもらえて、即決でデザインが決まり、ひと段落しました。小澤と苦心して作った甲斐がありました。ここからブラッシュアップしていく作業です。

加えて、本日は定期刊行物の校正の打ち合わせを行い、Kyoto Current展の作品を美術輸送会社に持ち込み、その後、キャンパスプラザ京都で学生映画祭の会議がありました。


既に事務局から離れて2年が経ち、僕が辞める年に、一旦、世代が交代して、リセットされたのですが、今や30人〜40人のメンバーが集まり、学生映画祭の全盛期のような雰囲気が漂っていました。

加えて、昨年のタイミングでできればよかったのですが、今年の学生映画祭で、僕の先輩の木村さんの『へばの』が招待上映されます。京都、初公開です!


皆様、芸術の秋の締めくくりに、学生映画祭で映画を見るというのもありかと思います。コンペの作品の字幕付けをしておりますが、どれも骨太な作品ばかりで、次世代の映画を担う監督たちの胎動を感じることが出来るかと思います。

木村さんも京都に来るとのことですので、久々にコンペ作品をじっくり見ていってほしいなぁと思います(東京では『TOCHKA』の宣伝に関わっているらしい…僕の学生映画祭の同僚やサークルの後輩も一緒に宣伝しているらしいです)。


学生映画祭は、こちらをチェックしてください。


と、久々に書いたら、調子が出ないですね。また日々のことをしっかりと綴っていきます。
写真は、事務所に貼った学生映画祭のポスターです。皆様、ポスター、リーフレットを設置していただける場所があれば、教えてください。是非、学生さんにご協力を!
posted by 株式会社ディレクターズ・ユニブ at 01:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

無事終了。一息つく間もなく…

kyoto_current.jpg小澤です。

随分ブログをおろそかにしていてすみません。

何とか無事にHISTORICA終了致しました。

このブログを見て、来ていただいた方もいたみたいで、
ありがとうございます。

さて、HISTORICAの準備で忙殺されていましたが、
次は、一息つく間もなくKyoto Current展のオークションが
迫ってきました。

告知ばかりで申し訳ないのですが、芸術の秋ということで
ご了承くださいね。


Kyoto Current展



京都の芸大生や卒業後間もない若手作家にキャリア・アップや社会と接する機会を創出することを目的としたアートイベントを開催します。作品の制作・展示・販売というアート市場の一連の流れを生むためには美術館、ギャラリー、オークションが共存、協力して初めて可能となります。今回のイベントは、この3つの機能が1 つとなる京都初の試みとなります。

オークション:
2009 年10 月12 日(月・祝) 15:00〜
会場:京都島屋1 階『ゆとりうむ』(四条通り側正面)



展示期間:
9/22 (火) - 9/27 (日) 京都市美術館別館
9/15 (火) - 10/18 (日) Gallery i
9/30 (水) - 10/12 (月・祝) 京都島屋 四条通り側ウインドー展示
10/6 (火) - 10/12 (月・祝) 京都島屋1階ゆとりうむ展示 

京都市美術館別館の展示は終了してしまいましたが、Gallery iと京都島屋の展示はまだ行っています。皆様是非見に来て下さい。

ちなみに、こちらの写真は、京都島屋の四条通り側ウィンドーに作品を展示した際の写真です。

SBSH01411.JPG
posted by 株式会社ディレクターズ・ユニブ at 01:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

HISTORICA -越境するサムライ-

historica.jpg小澤です。

ずいぶんおろそかにしていてすみません。
本日は、この場を借りて、イベントの告知をさせていただきます。
弊社は、事務局として参加しております。



HISTORICA -越境するサムライ-



【イベント概要】
歴史のまちである京都だからこそ生まれた文化・産業である時代劇。現在、その時代劇は従来の枠を超えて増殖しつつあります。時代劇に不可欠な殺陣=ソードアクションは、地域や時間を越えた表現手法としてゲームやパチンコ、マンガ、アニメといったメディアを超えた楽しみ方がなされています。また記憶に新しいトム・クルーズのサムライ姿は、時代劇が国境をたやすく越えてみせたことの証です。今年「KYOTO Cross Media Experience 2009」内の注目企画として、これらの時代劇のサムライが国境・時代・メディア…あるゆるボーダーを越境していく時代劇の魅力を新たな視点から紹介する企画「HISTORICA−越境するサムライ−」を初開催いたします。 HISTORICAでは、時代劇でつながる人と作品の魅力によって、時代劇から歴史劇へ―ジャンルや国境を越えた、未来の京都の時代劇像を模索していきます。

【開催日時】
9月22日(火・休)13:00〜18:00 前夜祭
9月26日(土)10:30〜19:10
9月27日(日)10:30〜18:40

【ゲスト】
三池崇史(映画監督)、福本清三(俳優)、佐藤佐吉(脚本家・俳優)、大地丙太郎(アニメ監督)、上野隆三(殺陣師)、押井守(映画監督・脚本家)、西久保瑞穂(映画監督)

【会場】
京都府京都文化博物館 別館ホール(前夜祭)
祇園甲部歌舞練場弥栄会館

【入場】
無料(入場予約券・当日券)

【HISTORICAホームページ】
http://www.historica-kyoto.com/
posted by 株式会社ディレクターズ・ユニブ at 00:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

芸術の秋

Image1191.jpg小澤です。

夏も終わりに差し掛かり、もうすぐ秋。

秋といえば芸術の秋ということで、
ディレクターズ・ユニブではイベントや映画祭などの
お仕事が目白押しです。

写真の通り、昨夜、複数のイベントのお仕事を円滑に回していくため
手作りのカレンダーを作成しました。

僕は昔から手作りのカレンダーを作る趣味?がありまして、
高校生の頃などは、受験に向けて1年分のカレンダーを手作りで
2日間くらいかけて作った覚えがあります。

最近では、エクセルを使ってすぐに作れてしまうのですが、
手作りのカレンダーというのもたまにはいいものです。

今年の夏は結局“夏らしい”遊びができなかったので
その分、秋はどっぷり秋らしいお仕事にに浸りたいと思います。笑
posted by 株式会社ディレクターズ・ユニブ at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

営業開始

板倉です。

お盆の最中も営業中のようなものであったのですが、ここから夏本番という感じで早速、本日、京都に戻ってきて、太秦でHISTORICAについて打ち合わせ。

イベントごとを抱えると基本的に、どこかのタイミングで予期せぬことが起こるのですが、そろそろ起こりそうな感じ。それはなんとなく胃で感じるプレッシャーが教えてくれる(前職でそこら辺を踏ん張りすぎて、十二指腸糜爛になったことが…糜爛は潰瘍の手前の段階らしいです)。

そんな苦しみは避けたいので、小澤くんと協力して、またいつもお世話になっている米亀のメンバーにも助けてもらうことにしようと思う。


と明日は、秋から動き出す宮津でのイベントの打ち合わせで、小澤くんと2時間のドライブ?を兼ねて、朝から宮津へ。お昼は宮津駅前の富田屋という魚の美味しいお店で食べたいと思っています(まだ海水浴客がいたりして、込むのかな…)


お盆は結局、WOWOWでやっていた2作品と地上波でやっていた作品を鑑賞。

『容疑者Xの献身』 監督:西谷 弘…ドラマ「ガリレオ」の映画版で堤真一・松雪泰子というキャスティングで、面白いサスペンスドラマでした(結構、こういうテレビドラマ、好きです)。

『ダークナイト』 監督:クリストファー・ノーラン…スーパーマンより、スパイダーマンより、やっぱりバットマンという感じ。ちょっとスパイダーマンを意識していることは否めない。

『トランスポーター2』 監督:ルイ・レテリエ…これは3が公開されるということでの放映だと思うのですが、TAXIがアウディに変わっただけ。リュック・ベッソン総指揮ということです。


明日、明後日でHISTORICAの上映作品の解説を2本を書かないといけないので、それらを鑑賞予定(作品は『キルビル1』、『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』…『キルビル』は久しぶりなので楽しみ)
posted by 株式会社ディレクターズ・ユニブ at 01:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

小休憩

板倉です。

本日は小休憩ということで、お休みを頂きました。
昨日、夜に、中学校の同級生で名古屋でリクルートの代理店に勤めている友人夫妻と近況報告を行い、久々に相手に勧められるままお酒を飲み、本日、二日酔いになりました。

そして本日、朝から父親の運転で、家族で飛騨高山に行って参りました。僕は道中は後部座席で眠っておりました。
お昼に高山で有名な甚五郎ラーメンを食べ、2時間ほど散策して、帰りに木曽川のハイウェイオアシスで水族館に行ってきました。

なんだか久々に何も考えず、リフレッシュできました。

実家は実家で、11月に息子を産んだ姉がスペインから戻ってくるので、「年末は騒がしくなる」とうれしそうに言っておりました。


仕事の話ですが、この夏にもう1本、企画が動き出しそうです。昨年度から宮津でいろいろとお手伝いしていたのですが、それがすこし実を結び、1本宮津の方々と企画をすることになりそうです。

少しリスキーな部分もありますが、ここは挑戦ということで、頑張りたいと思います。今月末にでも、詳細が発表できるかと思います。

ちょっと、この夏からは、忙しくなりそうです。
昨日会った友人にも感化されたのもあり、とりあへず、年末までは一気に走り抜けたいと思います。

そのためにも、本日、小休憩取れたのが良かったです。
posted by 株式会社ディレクターズ・ユニブ at 01:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

サマーウォーズ!

板倉です。

今週は小澤くんが帰省中なので、一人作業の3日目。僕は京都に居ようかと思ったけど、ちょっと京都を離れて身体を休めるのも悪くないかなと思い、本日から、週明けまで名古屋に帰る予定にしております。

現在、お昼に制作の作業をしていたので、もろもろのメール関係の処理が遅れていたので、それをやりきって名古屋に戻ろうと思い、徹夜で作業中です。なんだか夏と秋の準備でバタバタしております。

名古屋の帰省中も、小澤も僕も仕事はできる環境を整えておりますし、会社の電話は転送しておりますので、何かあれば、御連絡ください。

13日は小学校・中学校の友人が実家に遊びに来て、14日は飛騨でゆっくりして、後二日は実家で作業しながら、盆のために買った佐々木敦の新著と東京藝大映像研究科の2期生の卒業制作のDVD鑑賞をするという感じです。

それと先週末、隙をみて『サマーウォーズ』を見てきました(『時をかける少女』は昨日、細切れで見ました)。
それぞれのキャラクターはとても魅力的なのですが、演出のほとんどが古びており、ちょっと見ていて、つらいものがありました…。
あまり、お勧めはできません…個人的ですが。

備忘のために前回の投稿から見た映画。
『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』 監督:三池崇史…HISTORICAのため
『天然コケッコー』 監督:山下敦弘
『セントアンナの奇跡』 監督:スパイク・リー(京都シネマ)
『サマーウォーズ』 監督:細田守(MOVIX京都)


もうちょっと、作業して、自宅に戻り、朝一番のバスに乗って、帰ります。新幹線に切り替えようか検討中。
posted by 株式会社ディレクターズ・ユニブ at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

和歌山映画センター

小澤です。

昨日、懐かしい方から連絡をいただきました。

和歌山映画センターという映画館のない場所に出向き、
学校や公民館などで映画を上映するお仕事をされている古谷さんという方です。
(勝手に名前出してすみません。)

NHKにいた頃に取材をし、ニュース番組でリポートとして
紹介させていただいたというご縁なのですが、
もう2年くらい連絡を取っていなかったので、電話がかかってきた時は
ちょっとびっくりしました。

実は、板倉が京都の映画センターの方とつながりがあった
(映画センターというのは全国にあります)ということもあり、
ディレクターズ・ユニブのことは、古谷さんも気にかけてくれていたようでした。
このブログもちょくちょく見ていてくださったみたいです。

まだ一緒にお仕事ができると決まったわけではありませんが、
こういう繋がりでお電話をいただくというのは、嬉しい限りです。

それにしても、このブログやHPなどは、実は僕が想像していないような
方も見ている可能性がある訳で、また、それがいいところでもあるのですが、
あまり下らないことを書いていると、知らないところで愛想尽かされたりする
ことも、あるかもしれないので、気をつけなければと思いました(笑)
posted by 株式会社ディレクターズ・ユニブ at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

HISTORICA

板倉です。
ようやく小澤が更新とのことで、どんどん書いていこうと思います(→小澤さん、宜しく御願いします)。

と、弊社が実行委員会にも入っているイベントが動き出しました。初年度ということと、母体がKyoto CMEXというもっと大きな国のイベントということもあり、企画面での制約や先にゲストや上映作品がいくつか決まっている段階からのグランドコンセプトからテーマの立ち上げだったので、しかも時間がない状況だったので、調整や会議・打ち合わせを急ピッチに行い、かなり苦労を強いられたのですが、それはそれでイベント運営の醍醐味であり、「なんかこういうのをやりたいなぁ」というもやもやしたものをかたちにしていくというのは、とても面白いものです。

何かの制作物みたいに一定のやり方が決まっているのではなく、その時のメンバーやそのメンバーと外部の関係など、イベントの様相は同じのようなものはあるものの、成り立ちやイベントの動かし方にはマニュアルはないと思っております。

今は最終の上映作品決定への議論と、広報についてメインビジュアルやロゴを作るなどをしています。取り急ぎ、決定段階までのことをWEBサイトにアップしてあります。今後メインビジュアル決定後、本格的にWEBサイト始動です!

http://www.historica-kyoto.com/


いずれは、なんか弊社発の企画もやっていきたいなぁと思っている今日この頃です。
posted by 株式会社ディレクターズ・ユニブ at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

遅くなりましたが

小澤です。

ずいぶんとブログをおろそかにしていてすみません。
遅くなりましたが、無事一周年を迎えることが出来ました。

最初は、机とパソコンしかなかった事務所も時間の経過と共に
徐々に物が増えてきて、今では、機材やら書類などで溢れかえっています。
この調子で行くと、来年の今頃は、物で埋め尽くされそうです(笑)

最近は、節目を迎えたこともあり、ずっとおろそかになっていた、
自社のWebのリニューアル、業務案内の作成を通常業務の傍ら
コツコツと進めております。

業務案内に関しては完成次第、皆様に送らせていただく予定ですので、
その際はちらっとでも中を見ていただけるとありがたいです。
posted by 株式会社ディレクターズ・ユニブ at 12:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。